「プライマリーケア」という言葉が最近よく聞かれるようになりましたが、プライマリーケアとは決して「救急重症患者の初期治療」という意味だけではありません。
健康に関するあらゆることを総合的に考え、地域に密着して早い段階の診断・治療ができるようにという意味も含まれています。
必要な時にはいつでも病院などへの連絡が取れるしくみになっていて、患者さんが安心でき、それが健康相談や指導の継続につながって、人間味のあふれる対応ができることになります。