群馬県医師会について
健康情報
診療情報
感染症情報
医療機関情報
お勧めリンク集
医師向け
検索
Google

群馬県医師会 WWW
群馬県医師会
〒371-0022
前橋市千代田町1丁目7番4号

TEL:027-231-5311
FAX:027-231-7667
トップ >  健康情報  >  医学の豆知識  >  さ行の豆知識  >  食塩

食塩

1.塩の主成分であるナトリウムが血管の細胞にたまり、血管壁が硬く内腔が狭くなる。
2.血管が神経からの刺激に過敏になり、収縮しやすくなる。
3.血液の濃度が上り、血管外から水が浸透し、血液量が増え、心拍数が増加する。
4.血圧を上げる物質(ホルモン)の分泌が増加する。
 
以上により食塩の取り過ぎは、高血圧の引き金となり、動脈硬化や血栓症にも悪影響を及ぼします。一日の理想の塩分の摂取量(5〜6g)を守りましょう。
プリンタ用画面
前
小児の急病対策
カテゴリートップ
さ行の豆知識
次
時代は進歩しています

Copyright © Gunma Medical Association. All right reserved.